ここから本文です

“八百長に加担”KIAユ・チャンシクのブローカーは元野球選手=韓国プロ野球

WoW!Korea 7月25日(月)17時54分配信

八百長に加担しブローカーから200万ウォンを受け取った疑い(国民体育振興法違反など)を受けている韓国プロ野球KIAタイガースの投手ユ・チャンシク(24)が25日午後4時ごろ、警察の取り調べを終えた後「物議をかもして申し訳ない」と述べた。

 ユ・チャンシクは自首した理由について「良心にさいなまれ怖くなった。心理状態が良くなくなり自首することにした」と述べた。しかし八百長をした理由については回答を避けた。

 ユ・チャンシクは「知人から八百長の提案を受けた」と明かした後、その場をあとにした。

 ユ・チャンシクはこの日午前9時から京畿北部地方警察庁に自ら出頭し、約7時間の取り調べを受けた。

 ユ・チャンシクはハンファ・イーグルス時代の2014年4月に2度、八百長し総額300万ウォンを受け取った疑いを受けている。
 
 ユ・チャンシクに八百長の代価として金を渡したブローカーは、元野球選手A氏であることがわかった。A氏はユ・チャンシクの友人の兄であると伝えられた。

 警察は今後A氏をを呼び、取り調べをした後、ユ・チャンシクに対する追加口座調査後、もう一度ユ・チャンシクを取り調べ方針だ。

 先立って警察は数か月前、ユ・チャンシクのこのような容疑で口座押収捜査令状申請をしたが、検察はこれを棄却していた。

 しかしユ・チャンシクが去る23日、球団関係者と面談し、八百長の事実を自主申告してKIAはKBO(韓国野球委員会)に通報した。

 KBOは八百長を自主申告した場合、永久除名しないという条件を出している。ユ・チャンシクは、KBOの約束に基づいて自首した最初の八百長選手である。

最終更新:7月25日(月)17時54分

WoW!Korea

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。