ここから本文です

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を世界文化遺産に再推薦決定

ねとらぼ 7月25日(月)17時19分配信

 文化庁の審議会は7月25日、2018年の世界文化遺産への登録を目指して、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を推薦することを決定しました。

【当初推薦しようとしていた14の構成資産】

 世界文化遺産特別委員会が「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」「北海道・北東北の縄文遺跡群」「百舌鳥・古市古墳群」の4つの候補について審議していた。

 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」は、大浦天主堂や黒島天主堂、天草の崎津集落など長崎県と熊本県の12の構成資産からなっている。当初は14の構成資産からなる関連遺産として推薦されることになっていたが、諮問機関のイコモスから内容の見直しを指摘され、2月にいったん推薦を取り下げていた。今回は「禁教・潜伏期」に焦点を当て、構成資産を絞り込んでの推薦書の提出となった。

 長崎市の田上富久市長は、短期間での推薦内容見直しを振り返り、2つの構成資産を除外したことを「苦渋の選択」だったと振り返るとともに、関係者への感謝を述べている。

最終更新:7月25日(月)17時19分

ねとらぼ