ここから本文です

ポケモンにも自由を! 動物愛護団体PETAが「ポケモンGO」に抗議

ねとらぼ 7月25日(月)17時46分配信

 動物愛護団体PETAが公式ブログで、ロサンゼルスのオフィスを「ポケモンの安全地帯」としたことを発表。「ポケモンを捕獲することは、動物を自然から連れ出し、動物園やサーカスに入れることと大差ない」と、「ポケモンGO」に抗議しています。

【「ポケモンGO」に抗議する看板】

 ブログには「架空の動物を捕まえる情熱が、現実で危険にさらされている動物の解放に向けられたら素晴らしいことだ」と記載。ポケモンGOを機会に動物保護について考えてほしいという主旨が述べられています。

 しかしオフィスまわりの掲示は、「ポケモンは家族と引き裂かれてモンスターボールの中へ」「対象がポケモンであれ監禁は悪事」「ポケモン(の解放を)ゲットだぜ」など、直情的にポケモンの保護をうったえるものばかり。真意が伝わるものとはいえず、むしろブームに便乗したパフォーマンスにも見えます。

 同団体は「ポケモンGOと一緒に、PETAのポケモンパロディゲームもぜひ」といった主旨のツイートも投稿。かつて公開した、ポケモンを皮肉ったFLASHゲームを紹介し、「ポケモンは動物虐待」との主張をのぞかせています。

 PETAには、「冗談であってほしい」「実在の動物に目を向けるべき」「PETAはこのナンセンスなキャンペーンで自身を傷つけている」など、批判的なリプライが多数寄せられています。

最終更新:7月25日(月)17時46分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]