ここから本文です

鳥越氏応援に菅原文太さんの妻 必死のラストスパート

デイリースポーツ 7月25日(月)19時16分配信

 31日投開票の東京都知事選挙に立候補している、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が25日、上野駅前で街頭演説を実施。応援弁士として、14年に81歳で死去した俳優の故・菅原文太さんの妻で、辺野古基金共同代表を務める菅原文子さん(73)が登場した。

 選挙カーの上に立った文子さんは「私の夫は『トラック野郎』などに出演していた菅原文太でございます」と自己紹介。文太さんと鳥越氏がかつて「反戦」で志を同じくした“盟友”であることを明かし、改憲を視野に入れている自民党所属の小池百合子候補(64)や、自民などの推薦を受け立候補している増田寛也候補(64)らを批判した。

 これを受け、演説を行った鳥越氏は「菅原文子さんはご存じ、菅原文太さんの奥さまです」と紹介。「なぜ、奥さまがここにいらっしゃるか。私と菅原文太さんは、文太さんが81歳で亡くなる寸前まで交流を続けておりまして、ともに日本の国を憂い、日本の政治状況について同じ気持ちを持ちながらやっておりました」と、文太さんとの強い絆を誇らしげに語った。

 その上で、米軍基地の辺野古移設に改めて強い反対を示し、菅原文太さんとも、「辺野古の問題は、日本、そして東京の問題でもある」と都政とのつながりも強調。「文太さんとも、その思いでつながっています」と、声高に訴えた。

 最新の世論調査では、小池氏や増田氏にリードを許しているとも報じられている鳥越氏。この日午前中には大島を訪問し、人口減の解決策などを模索した。上野での演説後に行った北区内での演説会では「東京から250キロ圏内にある原子力発電所の、停止および廃炉を電力会社に申し入れる」と、これまであまり聞かれなかった具体的な公約も示した。3候補を中心とした“仁義なき戦い”の結末まであと6日。鳥越候補が、必死のラストスパートに入った。

最終更新:7月25日(月)19時21分

デイリースポーツ