ここから本文です

「ちはやふる」広瀬すずがプチョン映画祭で韓国語披露「お肉たくさん食べたい!」

映画ナタリー 7月25日(月)18時2分配信

現在韓国で開催中の第20回プチョン国際ファンタスティック映画祭にて、「ちはやふる」2部作が上映。現地時間7月23日に、韓国Korea Manhwa Museumにて主演の広瀬すずと監督の小泉徳宏による舞台挨拶が行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ちはやふる」は、末次由紀のマンガを原作とした青春ドラマ。競技かるたに青春を懸ける高校生たちの成長を描く。すでに続編の製作決定も発表されている。

大きな拍手に迎えられて登壇した広瀬は、「こんにちは! 広瀬すずです。初めて韓国に来ました。おいしいお肉をたくさん食べたいです!『ちはやふる』、よろしくお願いします!」と韓国語で挨拶。続けて、韓国での上映について「日本だけでなく、この作品が韓国の皆さんにも届いて、本当に幸せです。本作には日本の文化であったり、強くて美しい瞬間がすごく詰まっているので、それが皆さんに伝われば、そしてもっともっと多くの方に届けばうれしいです」と喜びを語った。

上映後に行われたQ&Aで、観客から演技をするうえで大変だった点を聞かれた広瀬は「原作をすごくリスペクトしているので、特に原作の有名なシーンの撮影は、撮影現場で受けた感情を優先するのか、原作通りにするか悩みました」と当時の苦悩を明かした。

最後に広瀬は自撮り棒を取り出し、「5、4、3、2、1……」とのカウントに合わせて観客と記念撮影を行い、舞台挨拶は終了した。

なお、この舞台挨拶の模様は、10月19日に発売される「ちはやふる -下の句- 豪華版」のBlu-ray&DVDセットに映像特典として収録される。

ちはやふる -上の句- Blu-ray&DVDセット
2016年9月28日(水)発売発売・販売元:東宝価格:通常版 3780円 / 豪華版 6264円

ちはやふる -下の句- Blu-ray&DVDセット
2016年10月19日(水)発売発売・販売元:東宝価格:通常版 3780円 / 豪華版 6264円

(c)2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (c)末次由紀/講談社

最終更新:7月25日(月)18時2分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。