ここから本文です

木更津総合、4点差逆転で甲子園王手

デイリースポーツ 7月25日(月)20時3分配信

 「高校野球千葉大会・準決勝、木更津総合6-5千葉経大付」(25日、QVCマリンフィールド)

 センバツ8強の木更津総合が、4点差を逆転して決勝進出。春夏連続の甲子園出場に王手をかけた。

 1-5で迎えた七回、3連打と敵失で1点差に詰め寄ると、3番・小池航貴内野手(3年)の中前適時打で同点とする。そして九回1死一、三塁から4番・鳥海嵐万外野手(3年)が決勝の勝ち越し中犠飛を放った。

 プロ注目左腕・早川隆久投手(3年)は、五回に集中打で5点を失ったが、それ以外は連打を許さず。8安打5失点で完投した。

最終更新:7月25日(月)20時10分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。