ここから本文です

米粒写経が落語・寿限無を解説する単独ライブ「寿限無論」2DAYS開催

お笑いナタリー 7月25日(月)19時9分配信

米粒写経が10月3日(月)と翌4日(火)、単独公演「平成二十八年 米粒写経 例大祭『寿限無論』」を東京・深川江戸資料館で開催する。

「例大祭」とは、米粒写経が新たにスタートさせるトークライブでもネタライブでもないイベント。初年度となる今回は、2人が歴史ネタや言葉ネタをふんだんに織り交ぜながら落語ネタ「寿限無」を解説する。

サンキュータツオは「寿限無という落語がなんで生まれたかを、漫才師として、楽しく自説を展開したいと思います」とコメント。米粒写経の知識と話芸をもとに展開される“寿限無論”を堪能してみては。

サンキュータツオ コメント
(「寿限無」は)日本人ならだれでも知っている落語ネタなのに、実はいったい何をメッセージしているのか、あまりよくわかっていません。「声に出して読みたい日本語」にも入っているけど、何故この噺が何百年も継承されているんだろう。何も考えずに、長い名前だな面白いなと思うのもいいんですけど、落語ってもっと楽しめるポイントがたくさんあるかもしれない。最初に「寿限無ってどうだ」っていうお坊さんはボケてもないし、なんでこんなこと言うんだろうというお笑い的疑問から、寿限無という落語がなんで生まれたかを、漫才師として、楽しく自説を展開したいと思います。

平成二十八年 米粒写経 例大祭「寿限無論」
日時:2016年10月3日(月)19:00開場 19:30開演2016年10月4日(火)19:00開場 19:30開演会場:東京・深川江戸資料館 小劇場料金:前売3000円 当日3500円チケット:ローソンチケットにて8月3日(水)に発売。

最終更新:7月25日(月)19時9分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。