ここから本文です

渋谷に3Dプリントスタジオを開設、初心者/上級者向けコースを提供

MONOist 7月25日(月)21時2分配信

 ストラタシス・ジャパンは2016年6月1日、FabLab渋谷と連携し、東京・渋谷に3Dプリントスタジオを開設したと発表した。

【その他の画像】

 スタジオには、同社の3Dプリンタ「Objet24」「Objet260 Connex2」のほか、MakerBotのデスクトップ3Dプリンタ「Replicator 5th」「Replicator2X」を設置。これらを使用し、3Dプリンティング入門コース(毎週)や上級者向けアプリケーショントレーニングコース(毎月)を提供する。コースには、3Dプリンティングワークショップも含まれるため、教育者や学生、デザイナー、エンジニアが、デザインやラピッドプロトタイピングなど、ものづくりのスキルを高めることができるという。

 また、FabLab渋谷では、デジタルファブリケーション機器のほかに、レーザーカッターやミシン、切削機など、従来型のものづくりツールも備えている。そのため、ユーザーがモデルを作製したり、パーソナライズされたツールやデバイスを作ることもできる。

 

 さらに、同社とFabLab渋谷が連携し、教育者がデジタルファブリケーションを習得し、教育カリキュラムの講義を提供できるよう、支援も行う。カリキュラムは、同社が無料で提供するとしている。

最終更新:7月25日(月)21時2分

MONOist