ここから本文です

勝った創志学園も涙、ファウル信じ走らず つないだ難波「覆ってくれ…」

デイリースポーツ 7月25日(月)21時9分配信

 「高校野球岡山大会・決勝戦、創志学園4-1玉野光南」(25日、倉敷マスカットスタジアム)

 創志学園が予想外の展開で初めて夏の甲子園切符を勝ち取った。1点を追っていた九回、1死一塁から投ゴロで併殺に終わりゲームセット…となったかに見えたが、打者の難波侑平外野手(2年)の左足に打球が当たっていたため、最終的にファウルと判定。その後、逆転に成功した。

 左足に打球が当たりながら1-6-3の併殺でゲームセットを迎えようとしたことに、難波は「足に当たった感覚があったので、一塁へ走らなかった。走ってしまうとフェアと判定されてしまうので」と振り返った。

 当該打者として審判にアピールし、協議の末、ファウルと認められた難波。協議中は「覆ってくれと思ってました」と、涙を流す場面もあった。しっかりと気持ちを入れ替え「2ストライクと追い込まれていたので、打てるボールは1球しかない」と内角直球をきれいに右前へ運んだ。

 さらに1死満塁に好機が広がると、3番・高井翔外野手(3年)の遊撃内野安打で、ショートが処理に手間取る間に三塁走者だけでなく、二塁走者の難波もホームイン。逆転のホームを踏み、声にならない声を上げた。

 「自分は行くつもりは無かったんですけど、三塁コーチが回していたので腹を決めて行きました」と振り返った難波。「先輩も打ってつないでくれて…うれしかったです。去年も自分のタッチアップ失敗で負けたので」と声を震わせていた。

最終更新:7月25日(月)21時23分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報