ここから本文です

【ミャンマー】米大使館付近で異臭、「催涙弾試験」と警察

NNA 7月25日(月)1時18分配信

 ミャンマー最大都市ヤンゴンの米国大使館で24日午後8時前、爆発音があり、周囲を通りかかった人によると、異臭が漂い、目が開けられない状態になった。隣接する飲食店内の客は店外へ逃げた。
 
 地元警察は9時半ごろ、大使館前で地元メディアに「大使館の敷地内で催涙弾の試験を行った際、ガスが漏れた」と語った。大使館側は「今後同様の試験を行う際はミャンマー当局に事前に通知し許可を得る」と説明したという。
 
 米大使館は25日朝、記者会見を開く予定。

最終更新:7月25日(月)1時19分

NNA

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。