ここから本文です

【新日本プロレス】永田がEVIL破りLIJに2連勝=G1第4日

スポーツナビ 7月25日(月)0時16分配信

 新日本プロレスの真夏の祭典「G1 CLIMAX26」第4日が24日、東京・後楽園ホールで開催され、超満員札止めとなる1744人の観衆を集めた。

 2日前の後楽園ホール大会では、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)の筆頭である内藤哲也を破り勢いに乗る永田裕志は、2戦目もLIJのメンバーであるEVILと対戦。左ひざを痛めていた永田だったが、不動明王が降臨したかの如く、白目式腕固め、腕ひしぎ逆十字などEVILの腕狙いへ。EVILも投げっぱなしジャーマンなどで反撃するが、最後は得意のバックドロップ2連発でそのままフォールして勝利。LIJに2連勝を飾った。

 同じく2日前の後楽園ホール大会で、柴田勝頼を破る金星を挙げた本間朋晃と、ケニー・オメガを破るアップセットを起こしたYOSHI-HASHIが激突。本間は序盤から“こけし殺法”で小こけし、こけし落とし、こけしロケットなどを繰り出すが、G1参加で一皮剥けた感があるYOSHI-HASHIがバッククラッカー、ダブルアームスープレックスからバタフライロックなど、華麗な技を繰り出していく。そして新技カルマ(※変型ファルコンアロー)を狙いに行くが、それを耐えた本間がカウンターでこけしロケットを決める。ここから流れを一気に引き寄せると、最後はこけしをしっかりと決め、本間が2連勝を飾った。

 この結果、Bブロックは本間と永田が2連勝。内藤、オメガ、柴田勝頼が1勝目を挙げ、インターコンチ王者のマイケル・エルガンと、GHCタッグ王者の矢野通が未だ勝ち点ゼロという状況になっている。

最終更新:7月25日(月)0時16分

スポーツナビ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]