ここから本文です

ソフト更新で「TONE」のバッテリー持ちが約2倍に――「Pokemon GOに最適な“進化”するスマホ」(石田社長)

ITmedia Mobile 7月25日(月)22時11分配信

 トーンモバイルは7月25日、同社スマートフォン「TONE(m15)」向けのソフトウェアアップデートを開始した。「TONE software 2.0」と呼ばれる大々的なもので、バッテリーの駆動時間1.5~2倍に伸ばす、IP電話の着信が安定するなど、全28項目で改善を図った。

【その他の画像】発表会場に現れた「カモネギ」をTONEのスマホで無事ゲット

 TONEは月額1000円(税別、以下同)で、無制限のデータ通信(ただし速度は500~800kbps)と050番号のIP電話が利用できるスマホサービス。専用のAndroid端末を用いるのが特徴で、現在は2015年11月発売のm15(本体価格2万9800円)と2014年8月発売の「m14」(同1万9800円)の2機種をラインアップしている。オプションで、080/090番号を付与するサービス(月額953円)や、高速通信が行えるチケットオプション(1GB/300円)も用意した。

 同社の石田宏樹社長は、「ユーザー調査では『TONEに満足している』という回答が87%と高い水準にある。しかし『人にすすめたい』という設問では76%という結果だった。残る24%のユーザーが『おすすめしたくない』と不満に思う点を中心に、今回のアップデートで改善を図った」と説明する。

 代表的な不満点の1つがバッテリーの持ちで、「TONEに搭載しているチップやプリセットアプリの挙動など、1つ1つを複合的に見直して150~200%改善した」という。IP電話は音質への不満が多く、OSが持つ通知方式(ノーティファイメソッド)に加えてTONE独自の通知方式も使うダブルノーティファイシステムで、着信性能を高めた。IP電話専用帯域の品質も改善し、Wi-Fi接続時でもLTE通信を優先させるモードを組み合わせるなどして、IP電話の品質を向上させたという。

 石田社長は「こうしたスマホの大幅な進化は、ハードとソフト、ネットワークとクラウドを一貫して開発・提供する垂直統合モデルのトーンだからできること」と話す。特にIP電話の安定性については2つのIPアドレスを使い分ける同社の特許技術が生かされていると明かした。

 TONEのIP電話はユーザーの約35%が利用しており、一方の090/080番号を使った音声通話プラン(オプション)は利用率が約3割。そのため、TONEはIP電話をメインの機能と位置付け、特に満足度の向上に努めている。

 例えば通常のIP電話では利用できない104番の電話番号案内についても、TONEのIP電話アプリで104とダイヤルすとで周囲の飲食店が検索できる機能を搭載。今回のアップデートでは、災害時に避難所として使われる付近の施設が探せるようになった。これはケータイからの乗り換えなどで、スマホでのネット検索に不慣れな高齢者ユーザーに配慮したものだという。また110番や119番は、近隣の警察署や消防署の番号を案内するようになっている。このほか、IP電話アプリから090/080番号の発着信通知が確認できるなど、ユーザーインタフェースも見直した。

 またアクセサリーへのニーズも高いことから、オリジナルのホーム画面「one」からオリジナルケースを発注できる導線も用意。1日8000歩/はや歩き20分を達成するとTポイントが付与されるライフログ機能では、夏季限定ではや歩き時間を15分に短縮するなど、気候に合わせて内容を変えている。

 TONEは「買ってからも進化するスマホ」というコンセプトを掲げており、旧機種の「TONE(m14)」にもソフトウェアアップデートを実施する予定だ。しかし、m15ほど大幅なものではなく、サポートサービスの1つ「遠隔サポート」を家族間で行える機能を追加する。

 このように購入後も2~3年は最新ソフトを提供する方針のTONEだが、ハードの制限もあるため、最新モデルに機種変更すると、月額基本料金を6000円分割引くキャンペーンも用意し、スマホそのもののアップデートも推進する。

●ポケモンに合わせて“進化”するTONE

 世界的なブームとなっているPokemon GO(ポケモンGO)。石田社長によると、日本での配信開始に合わせてユーザーの歩数情報がアップするなどTONEの利用動向にも変化があったという。石田社長は「TONEは歩くとTポイントがもらえるので、ポケモンGOをプレイするのにぴったり」とアピールする。

 さらに子供がポケモンGOを遊ぶ際にも「TONEが最適」という。これは歩きスマホを検知すると警告を出す機能や危険な場所への接近を警告するジオフェンス機能、使えるアプリを制限したり、使える時間を制限したりできる管理機能を持つためだ。加えて今回のアップデートでバッテリー性能もアップするなど、「政府(内閣サイバーセキュリティセンター:NISC)が出したポケモンGOへの注意喚起に沿った使い方ができる」(石田社長)と胸を張った。

 また一部の格安スマホはジャイロセンサーが非搭載のため、ポケモンGOのARモードが利用できない。TONEはポケモンGOのARが使えるが、石田社長は「TONEは携帯電話会社ではなく、ネット企業として常に先を見据えたハード開発をしてきた。将来、ARを活用したコンテンツが普及することは開発時点で予測できたため、必要になるセンサーを採用していた」と振り返る。

 TONE1機種の開発期間はおよそ2年だが、1年間隔で2機種を並行開発することで、新機種を毎年リリースしている。しかし現行機種についても日々の細かな改善や、今回の様な大規模なアップデートを提供。「ポケモンGOが利用しやすいアップデートも随時実施する」(石田社長)と明言し、ポケモンと同じように“強化・進化”させることを約束した。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO」

最終更新:7月25日(月)22時11分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]