ここから本文です

米Yahoo!の主要事業をVerizonが48.3億ドルで買収へ

ITmedia ニュース 7月25日(月)22時14分配信

 米通信大手のVerizon Communicationsと米Yahoo!は7月25日(現地時間)、VerizonがYahoo!の主要事業を48億3000万ドル(約5138億円)で買収することで合意したと発表した。取引は2017年第1四半期(1~3月)に完了する見込みだ。

メイヤーCEOから従業員への書簡

 Yahoo!は、検索、広告、ニュース、ファイナンス、スポーツ、約2億2500万人のMAUを擁するメールサービスなど、ほとんどの事業を売却し、ヤフー日本法人株の約35%と、中国Alibaba株の約15%は保有する。

 VerizonはYahoo!のブランドを維持する。同社は2015年に米インターネットコンテンツサービス大手のAOLを44億ドルで買収しており、今回の買収はその延長とみられる。

 Verizonのローウェル・マカダム会長兼CEOは発表文で、「ちょうど1年前、われわれはAOLを買収し、消費者、クリエーター、広告主のための包括的な接続環境を提供する戦略を拡大した。Yahoo!の買収はVerizonの世界のモバイルメディア企業としての地位を高め、デジタル広告の売り上げ推進を助けるだろう」と語った。

 Yahoo!のマリッサ・メイヤーCEOは従業員宛の公開書簡でTumblrの公式ブログで、「個人的には、私は(CEOに)留まるつもりだ。私はYahoo!を愛しており、従業員の皆さんを信じている。私にとって、Yahoo!の次章を見るのは重要なことだ」と語った。

 Verizon傘下のAOLのティム・アームストロングCEOは発表文で「VerizonとAOLとYahoo!を合わせれば、モバイルメディア市場で強力な新勢力となり、広告主やパブリッシャーにとってのオープンで大規模な選択肢になるだろう」と語った。アームストロング氏とメイヤー氏は米Googleで同僚関係だった。

最終更新:7月25日(月)22時39分

ITmedia ニュース