ここから本文です

岡田博喜、流血負傷判定で5度目防衛 勝っても反省「もっと考えれば…」

デイリースポーツ 7月25日(月)22時15分配信

 「日本スーパーライト級タイトルマッチ10回戦」(25日、後楽園ホール)

 王者・岡田博喜(26)=角海老宝石=が、同級3位の青木クリスチャーノ(27)=駿河=に9回51秒、3-0の負傷判定で5度目の防衛に成功した。岡田は4連続KO勝ちこそ逃したものの、13勝(10KO)無敗とした。青木は11勝(7KO)5敗2分となった。

 9回、リングほぼ中央で両者の頭がぶつかった。顔をゆがめた青木の額から血が噴出した。ドクターチェックを受け、レフェリーは試合続行不可能と判断した。

 上半身を左右に揺らし、好戦的にパンチをブンブン振り回してくる青木を「やりづらかった」と評した。ファイティング・スタイルは映像で確認していたが想定以上だった。

 「もっと固めてくるかと思ったけど、こう言っては何だけど、シロウトみたいに首を振るのでやりづらかった」と繰り返した。自身も2度の偶然のバッティングで右目上を2カ所カットし、流血しながらの闘いだった。

 「距離が遠かった。ジャブが当たらないとリズムがつかめない。もっと考えればうまいことできたのではないか」と、攻撃的な挑戦者をもう少し冷静にさばけたのではという反省が口をついた。さらに上を目指す岡田にとって、教訓になる試合だった。

最終更新:7月25日(月)22時31分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。