ここから本文です

りゅうちぇる、ギャラは「人生うまくは行かない」値段

デイリースポーツ 7月26日(火)0時0分配信

 モデルのりゅうちぇるが恋人のぺことともに25日、日本テレビ系で放送された「しゃべくり007」に出演し、自身のギャラ事情について語った。

 りゅうちぇるは、元々は「人気読者モデル・ぺこの彼氏」というポジションでタレントとしての活動をスタート。活動期間はまだ10カ月ほどだが、その中で「芸能界でひと通りわかった事」として「ギャラが思ってたより安い」ことを挙げた。

 タレント活動をする前は自身も「テレビの世界の人って、テレビ1本何十万もらってるんだろう」と思っていたという。しかし、テレビに出演する側となった現在は「りゅうちぇるとぺこはテレビに出ただけで、1本15万、20万もらってる」と予想で書き立てられるようになってしまった。これには「本当にそんなもんじゃないなって思って」と真顔で反論した。

 くりぃむしちゅーの有田哲平に「本当はいくら」と尋ねられると「15万円ではない…15ちぇるちぇるぐらい」と言葉を濁した。具体的には明かさなかったが「テレビは、安いというか思ってたより意外に、人生うまくは行かない(値段だ)なって」と自身の予想を下回っていることを明かした。さらに、テレビのギャラよりもイベント出演や広告などの仕事が増えたことが収入増につながっていると生々しく答えた。

 ぺこは「テレビは高くはない。でも安いと感じたことはない」と大人の対応でりゅうちぇるをフォローしていた。

最終更新:7月26日(火)0時17分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。