ここから本文です

ピュア女子と腹黒男子描く湯木のじん新作、ぽっちゃりJK主役の読切集と同発

コミックナタリー 7月25日(月)21時16分配信

「青山月子です!」の湯木のじんによる新作「これは愛じゃないので、よろしく」1巻と、読み切り集「今日もアイツは丸かった。」が本日7月25日に同時発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「これは愛じゃないので、よろしく」は、映画に出てくるようなドラマチックな恋をしたいと願う女子高生の泉さらと、ひねくれたイケメン九条翼の恋模様を描いた物語。別冊マーガレット(集英社)にて連載されている。

一方「今日もアイツは丸かった。」の主人公は、ぽっちゃり体型の女子高生・白丸麗華。ある日麗華は憧れの先輩に近づくため、その弟で同級生の秀人に話しかける。根暗の秀人は麗華に「女性とデブとバカが苦手」だと言い放つが、ボジティブな麗華はまったくめげず……。同書には表題作のほか、「青山月子です!」の読み切り版も収められた。

また発売中の別冊マーガレット8月号では、「これは愛じゃないので、よろしく」1巻の刊行を記念し、湯木のサインが入った同作のiPhone6用ケースを抽選で20名にプレゼントしている。希望者は8月号に付属する応募券をハガキに貼り、必要事項を明記して応募しよう。なお8月号には、「これは愛じゃないので、よろしく」1巻の続きにあたるエピソードが、巻頭カラーで掲載されている。

最終更新:7月25日(月)21時16分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。