ここから本文です

BUCK-TICK、20作目にしてビクター復帰後初のAL+全国ツアー決定

BARKS 7月25日(月)20時15分配信

BUCK-TICKが、キャリア通算20作目でありビクター復帰後初となるオリジナル・アルバム『アトム 未来派 No.9』を9月28日(水)にリリースすることを発表した。

先日、デビュー時のレコード会社ビクターへ20年ぶりに復帰し、その第1弾リリースとしてニューシングル「New World」を9月21日(水)に発売することを発表したBUCK-TICK。なお“9月21日”は、彼らの29年目のデビュー日にあたり、来年2017年のデビュー30周年にむけてのキックオフとも言うべきメモリアル・リリースとなる。

アルバム『アトム 未来派 No.9』は、同シングル曲「New World」を含む全13曲が収録予定だ。なお、初回限定盤A(SHM-CD+特典映像Blu-ray)、初回限定盤B(SHM-CD+特典映像DVD)、通常盤(CD)の3形態で発売される。さらに、このアルバムをひっさげた全国ツアー<TOUR アトム 未来派 No.9>の開催も発表された。10月8日(土)の神奈川県よこすか芸術劇場を皮切りに全27公演にわたって実施され、ツアーファイナルは17年連続となる年末の日本武道館公演であり、12月29日(木)に開催される。


ALBUM『アトム 未来派 No.9』
2016年9月28日(水)発売
■初回限定盤A(SHM-CD+特典映像Blu-ray)
VIZL-1041 ¥5,980(TAX OUT)
■初回限定盤B(SHM-CD+特典映像DVD)
VIZL-1042 ¥5,480 (TAX OUT)
■通常盤 CD
VICL-64629 ¥3,000 (TAX OUT)
[CD収録曲]
シングル「New World」(9/21発売予定)を含む全13曲収録予定
※収録曲名は後日発表

【初回限定盤特典】(初回限定盤A/B共通)
1) 豪華スペシャルパッケージ仕様
2) 全48ページ豪華ブックレット
3) Blu-ray/DVD:先行シングル「New World」MUSIC VIDEO収録
4) オーディオディスクにはSHM-CDを採用(すべてのCDプレーヤーで再生できる高品質CD)
5) 先行シングル「New World」(9/21発売予定)とのW購入者抽選プレゼント応募ハガキ封入
6)「New World」 ハイレゾ音源無料ダウンロード・クーポン封入

※SHM-CD/DVD/Blu-rayの収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応(初回限定盤A/B共通)


SINGLE「New World」
2016年9月21日(水)発売
【収録曲】
M-1. New World  作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿
M-2. Devil’s Wings ?type2-  作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿

■初回限定盤A(SHM-CD+特典映像Blu-ray)
VIZL-1028 ¥2,480(TAX OUT)
■初回限定盤B(SHM-CD+特典映像DVD)
VIZL-1029 ¥1,980(TAX OUT)
■通常盤(CD2曲収録)
VICL-37210 ¥1,000(TAX OUT)

【初回限定盤特典】(初回限定盤A/B共通)
1) スペシャルパッケージ仕様
2) Blu-ray / DVD:2015年12月29日「THE DAY IN QUESTION」日本武道館公演から選りすぐりの楽曲を収録
ANGELIC CONVERSATION / 惡の華 / Brain,Whisper,Head,Hate is noise / 密室/ ICONOCLASM / 太陽ニ殺サレタ
3) オーディオディスクにはSHM-CDを採用(すべてのCDプレーヤーで再生できる高品質CD)
4) ニューアルバム「アトム 未来派 No.9」(9/28発売予定)とのW購入者抽選プレゼント応募券封入

※SHM-CD/ Blu-ray/DVDの収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応(初回限定盤A/B共通)

<TOUR アトム 未来派 No.9>
10月08日(土) 神奈川:よこすか芸術劇場
OPEN/START 17:30/18:00
(問)KMミュージック 045-201-9999
10月10日(月・祝) 千葉:市川市文化会館
OPEN/START 17:30/18:00
(問)SOGO TOKYO 03-3405-9999
10月15日(土) 奈良:なら100年会館 大ホール
OPEN/START 17:30/18:00
(問)SOGO OSAKA 06-6344-3326 / GREENS 06-6882-1224
10月16日(日) 兵庫:神戸国際会館こくさいホール
OPEN/START 17:30/18:00
(問)SOGO OSAKA 06-6344-3326 / GREENS 06-6882-1224
10月19日(水) 埼玉:川口総合文化センター リリアメインホール
OPEN/START 18:00/18:30
(問)SOGO TOKYO 03-3405-9999
10月23日(日) 新潟:新潟県民会館 大ホール
OPEN/START 17:30/18:00
(問)FOB新潟 025-229-5000
10月27日(木) 埼玉:大宮ソニックシティ 大ホール
OPEN/START 18:00/18:30
(問)SOGO TOKYO 03-3405-9999
10月29日(土) 長野:ホクト文化ホール(長野県県民文化会館) 中ホール
OPEN/START 17:30/18:00
(問)FOB新潟 025-229-5000
10月30日(日) 群馬:群馬音楽センター
OPEN/START 17:30/18:00
(問)SOGO TOKYO 03-3405-9999
11月04日(金) 福島:郡山市民文化センター 中ホール
OPEN/START 18:00/18:30
(問)GIP 022-222-9999
11月06日(日) 宮城:東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館) 大ホール
OPEN/START 17:30/18:00
(問)GIP 022-222-9999
11月09日(水) 東京:中野サンプラザホール
OPEN/START 18:00/18:30
(問)SOGO TOKYO 03-3405-9999
11月10日(木) 東京:中野サンプラザホール
OPEN/START 18:00/18:30
(問)SOGO TOKYO 03-3405-9999
11月13日(日) 東京:オリンパスホール八王子
OPEN/START 17:30/18:00
(問)SOGO TOKYO 03-3405-9999
11月19日(土) 栃木:栃木県総合文化センター メインホール
OPEN/START 17:30/18:00
(問)SOGO TOKYO 03-3405-9999
11月23日(水・祝) 福岡:福岡市民会館
OPEN/START 17:30/18:00
(問)BEA 092-712-4221
11月26日(土) 大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
OPEN/START 17:15/18:00
(問)SOGO OSAKA 06-6344-3326 / GREENS 06-6882-1224
11月27日(日) 大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
OPEN/START 16:15/17:00
(問)SOGO OSAKA 06-6344-3326 / GREENS 06-6882-1224
12月01日(木) 神奈川:神奈川県民ホール 大ホール
OPEN/START 18:00/18:30
(問)KMミュージック 045-201-9999
12月03日(土) 広島:広島 JMS アステールプラザ 大ホール
OPEN/START 17:30/18:00
(問)夢番地 広島 082-249-3571
12月04日(日) 香川:サンポートホール高松 大ホール
OPEN/START 17:30/18:00
(問)デューク高松 087-822-2520
12月08日(木) 京都:ロームシアター京都(京都会館) メインホール
OPEN/START 18:00/18:30
(問)ナウウエストワン 075-252-5150
12月10日(土) 石川:金沢市文化ホール
OPEN/START 17:30/18:00
(問)FOB金沢 076-232-2424
12月17日(土) 北海道:札幌市教育文化会館 大ホール
OPEN/START 17:30/18:00
(問)マウントアライブ 011-623-5555
12月22日(木)静岡:静岡市民文化会館 中ホール
OPEN/START 18:00/18:30
(問)サンデーフォーク静岡 054-284-9999
12月23日(金・祝) 愛知:日本特殊陶業市民会館フォレストホール(旧:名古屋市民会館)
OPEN/START 17:30/18:00
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
12月29日(木) 東京:日本武道館
OPEN/START 17:30/18:30
(問)SOGO TOKYO 03-3405-9999

チケット料金:¥7,500税込
チケット一般発売:9/17(土)AM 10:00~
※3歳未満入場不可/3歳以上有料
※客席を含む会場内の映像・写真が公開される場合があります。予めご了承ください。
※公演日当日にチケットをお持ちでない場合、ご入場できませんのでご注意ください。

最終更新:7月25日(月)20時15分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。