ここから本文です

オンキヨー、「QUEEN NIGHT Vol.1」を7月29日開催、QUEEN公式コラボモデル初公開&試聴イベント

BARKS 7月25日(月)18時7分配信

「QUEEN NIGHT Vol.1」が7月29日に東京八重洲のGibson Brands Showroom TOKYOで開催される。フレディ・マーキュリー生誕70周年、オンキヨー創業70周年を記念して発売されたデジタル プレイヤー、ヘッドホン、イヤホンのQUEEN公式コラボモデルの特別展示・試聴イベントを行う。

ショールーム1Fでは初公開となる公式コラボモデルをe-onkyo musicで配信中のQUEENのハイレゾ音源を用いて試聴可能。そして、先行配信中のQUEENアルバムの中期5タイトル(7月20日発売)をハイスペックオーディオで試聴するイベントも行う。その他、同社製ホームシアター機器によるQUEENのMV試聴や、TEACターンテーブルでのQUEENのLP 試聴も可能だ。

また、2016年9月22、23日のQUEEN の来日情報や、2016年9月2日に発売予定のフレディ・マーキュリーシングルコレクション『神々の遣い』の情報も掲示予定となっている。

加えて会場入口すぐのカウンターではQUEENコラボビールも販売、すべての展示、試聴コーナーで最上級 のQUEENハイレゾサウンドを優雅に体験しながらビールを飲むことができる。

ショールーム2Fでは、今回限り結成されたメンバーによる特別ライブをブライアンメイ評論とし ても名高いプロギターリスト清水一雄氏と先日自身のバンドRE-ARISE のアルバムを全国発売したボーカリストDiokenによるスペシャルアコースティックユニットとしてアコースティックライブを開催。 往年の名曲や思い出の曲を聴きながらより一層 QUEEN の世界に入り込める。

入場料は無料。特典として入場時に受付した人全員にポスターをプレゼントする。また、8月26日(金)には第2回として、「QUEEN NIGHT Vol.2」の開催を予定している。詳しくは下記イベントサイトでチェックを。

QUEEN NIGHT Vol.1
日時:2016年7月29日(金)開場 18時/終了 21時予定
入場料:フリー
※当日の参加も可能。
主催:アイコン・ユーロパブ株式会社
協力:オンキヨー&パイオニア イノベーションズ株式会社/ユニバーサルミュージック合同会社

・公式コラボモデルの実機展示、試聴
・QUEEN中期ハイレゾ先行タイトルの試聴
・ハイスペックオーディオでのリスニング
・特別アコースティックライブ
・QUEEN公式コラボビールの販売
・特典として入場時に受付をさせていただいた方全員にポスターをプレゼント

【注意事項】
※1 本イベントは人数に限りがございますので一定数を超えてしまった場合、入場をお断りする可 能性がございますのでご参加される場合はお早めにご来場ください。
※2 特別ライブの出演者のキャンセルや変更のご案内は当日イベント会場で行いますのでご了承 ください。
※3 特別ライブは入場数に限りがございます。一定数を超えてしまった場合、入場をお断りする可 能性がございますのでお早めにご来場ください。
※4 特別ライブの開始時間は当日会場でのお知らせいたします。
※5 当日は20歳未満の方のご入場は一切お断りさせていただきます。 入場の際全ての方にIDチェックをさせて頂きますので、顔写真付きの身分証明書(生年月日記載) をお持ちください。(コピー不可) ご本人様と確認できない場合にはご入場をお断りする場合がございます。
※6 イベントの雰囲気にそぐわないお客様はご入場をお断りする場合がございます。
※7 会場内の展示品、製品に対し破壊・破損があった場合、弁償の対象になりますので十分ご注意 ください。
※8 会場内での怪我・転落防止のため、混雑の際の移動や階段の上り下り等には十分ご注意くださ い。
※9 会場内において、他のお客様の迷惑にあるような行為を行う、係員の指示に従わない等の方は 退場いただくか入場をお断りする場合があります。 また、近隣のオフィスビル等や歩道での迷惑行為(大声を発する、座り込む等)はおやめください。
※10ビルのセキュリティーの都合上、イベント終了後は迅速なご退場にご協力ください。

最終更新:7月25日(月)18時7分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。