ここから本文です

オリラジ藤森、紅白出場に意欲 ライバルは金爆「エンタメ枠を争う」

オリコン 7月25日(月)11時59分配信

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾(33)が25日、都内で行われた映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』(8月26日公開)アフレコイベントに出席。自身が率いるダンス&ボーカルユニット・RADIOFISHの楽曲「PERFECT HUMAN」で人気を集めている藤森は「最近は音楽の仕事が多かったりするので、年末の大きな歌の祭典には出たい」と紅白歌合戦出場に意気込んだ。

【写真】真剣な眼差し…アフレコを行った藤森&宮川

 役柄にちなんで自身の“ライバル”“敵”を聞かれて紅白の話題を出した藤森は、「正当じゃない枠ってきっと少ない。ゴールデンボンバーは4年連続で出ているので、そこと争っていくのかな~。エンターテインメントの枠を」と想像を膨らませた。

 一緒にアフレコに臨んだお笑い芸人・宮川大輔(43)は「僕は時差ボケですね」と、海外ロケが多い宮川らしい“敵”をあげ、「朝に飛び立って向こう着くのが朝。トランジットして着いたら朝で、ずっと朝飯食べている時がある。マイルもすごくたまっていて、エコノミーだったら地球5周半できるらしい」と話していた。

 同作は、4人組のカメ忍者が活躍する人気ヒーローシリーズを実写映画化した『ミュータント・タートルズ』の続編。2人はタートルズの“宿敵”ビーバップ(藤森)&ロックステディ(宮川)の日本語吹き替え声優を務める。

最終更新:7月25日(月)12時21分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。