ここから本文です

長谷川博己『ポケモンGO』より『シン・ゴジラ』「一緒に追いかけたい」

オリコン 7月25日(月)18時41分配信

 俳優の長谷川博己が25日、東京・新宿歌舞伎町のセントラルロード改め「ゴジラロード」で行われた映画『シン・ゴジラ』(29日公開)ワールドプレミアに出席。共演の竹野内豊や石原さとみらと、本作に登場するシリーズ史上最大のゴジラと同じサイズである118.5メートルのレッドカーペットを歩き、「ポケットに入る小さいモンスターを追いかけるのもいいですけれど、今年の夏は史上最大のモンスターを一緒に追いかけて行きたい」と、話題のスマホゲーム『ポケモンGO』を引き合いに出し、集まった3000人の観客に呼びかけた。

【写真】ゴジラポーズをするキュートな石原さとみ

 観客の声援を浴びた長谷川は「すごい熱気で、自分がトム・クルーズになったような気分です」と驚き。公開直前ながらも一般試写会が行われず、いまだ情報が少ないなか、監督・特技監督の樋口真嗣氏は「しゃべりたくてしょうがないですが、しゃべったらぶっ殺されるのでしゃべりません。でも素晴らしいものになっている」と自信満々。脚本・編集・総監督を務めた庵野秀明氏も「純粋に先入観なしに見ていただきたい。正攻法で作っているので安心してご覧ください」と手応えをにじませた。

 同作は、現代の日本に出現したゴジラが、戦車などからの攻撃をものともせずに暴れる姿を描く。内閣官房副長官役の長谷川、内閣総理大臣補佐官役の竹野内、アメリカの大統領特使役の石原のほか、総勢328名のキャストが集結した。

 そのほか、高良健吾、松尾諭、市川実日子、大杉漣、塚本晋也、準監督・特技統括の尾上克郎氏が出席。なお、イベントが行われた歌舞伎町のメインストリートであるセントラルロードは、この日を境に名前を「ゴジラロード」と命名された。

最終更新:7月25日(月)19時46分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。