ここから本文です

ケンコバ&ザコシ、緊縛で『キン肉マン』名シーン再現 撮影に14時間

オリコン 7月25日(月)12時26分配信

 お笑い芸人のケンドー・コバヤシとハリウッドザコシショウが、25日発売の男性情報誌『週刊プレイボーイ』32号(集英社)で、緊縛技術を駆使して人気漫画『キン肉マン』の必殺技をリアルに再現にする特別企画「キン縛(ばく)マン」に挑戦した。

【写真】撮影後…崩れ落ちるケンコバ&ザコシショウ

 8月4日発売の最新56巻で『キン肉マン』のシリーズ累計発行部数7500万部を突破するのを記念した企画で、ケンコバとザコシの2人が登場キャラクターに扮し、緊縛されながら必殺技や名シーンを見事に再現。スペシャルアドバイザーに世界で活躍する緊縛師・一鬼のこ(はじめ・きのこ)氏を迎え、14時間に及ぶ本格的な撮影となった。

 今回は「キン肉バスター」、「クロス・ボンバー」、「阿修羅火玉弾(アシュラかぎょくだん)」の3つの技に挑戦。完成写真が同誌に袋とじで掲載され、その制作過程は同誌のウェブサイト『週プレNEWS』にて26日午前6時より動画が公開される。

■挑戦したのは3つの技と担当
【キン肉バスター】キン肉マン:ケンコバ、バッファローマン:ザコシ
【クロス・ボンバー】ビッグザ・武道:ケンコバ、ネプチューンマン:ザコシ、モンゴルマン:キン肉マン担当タケダ氏
【阿修羅火玉弾(アシュラかぎょくだん)】サンシャイン:ケンコバ、アシュラマン:ザコシ

最終更新:7月25日(月)21時11分

オリコン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。