ここから本文です

Skoop On Somebody、Xマスツアー発表

オリコン 7月25日(月)19時47分配信

 男性2人組ユニット、Skoop On Somebodyが24日、大阪・グランキューブ大阪で開催されたソウル・ミュージックの祭典『SOUL POWER なにわSUMMIT 2016』に出演し、毎年恒例のクリスマスライブツアーの開催を発表した。

【写真】Skoop On Somebodyライブフォト

 イベントでは、先月リリースしたアルバム『SING+DANCE』に収録された新曲「UP」「Wednesday Lady」、代表曲「ぼくが地球を救う~Sounds Of Spirit~」などを披露。来年メジャーデビュー20周年を迎えるにあたり、「振り返るより、前に進む」ことをファンに約束すると、最後は「祈り」を熱唱し、割れんばかりの拍手が送られた。

 クリスマスライブツアーは12月8日の北海道・札幌公演を皮切りに、同25日の東京・Zepp Tokyo公演まで計7公演。同ツアーに先駆け、10月には東京と大阪でビルボードライブ公演が行われるほか、ボーカルのTAKEとゴスペラーズ村上てつやとのユニットで10月5日に“CDデビュー”する「武田と哲也」のライブも決定している。

■『Skoop On Somebody“Christmas Live Tour 2016”』
12月8日(木):北海道・札幌cube garden
12月11日(日):宮城・仙台darwin
12月17日(土):新潟・ジョイアミーア
12月20日(火):愛知・名古屋ダイヤモンドホール
12月21日(水):神戸・神戸朝日ホール
12月23日(金):福岡・みらいホール
12月25日(日):東京・Zepp Tokyo

最終更新:7月25日(月)19時47分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。