ここから本文です

アーティストデビュー10周年の加藤和樹、デビューから最新曲まで82曲を熱唱

デビュー 7月25日(月)23時40分配信

 今年アーティストデビュー10周年を迎えた加藤和樹が、名古屋・大阪・東京と3都市6公演を行ったライブツアー“Kazuki Kato 10th Anniversary Special Live "GIG" 2016~Laugh & Peace~『ALL ATTACK KK』”のツアーファイナルを24日に恵比寿LIQUIDROOMにて開催。

【写真】デビューから最新曲まで全82曲を熱唱した加藤和樹

 今回のライブツアーは、デビューから最新曲『夏恋』まで自身の持つ楽曲全82曲を「DAY-1」「DAY-2」と2日間に分けて、1日41曲を歌唱するという挑戦的なライブ。この企画に関しては、昨年、デビュー10周年を迎えるにあたり、加藤和樹自らが発案し、バンドメンバーも賛同、構想1年かけて実現したもの。7月9日(土)、10日(日)に名古屋BOTTOM LINEにて、7月16日(日)、17日(日)に梅田 AKASOにて、そして7月23日(土)、24日(日)に 恵比寿LIQUID ROOMにて開催。ツアーファイナルには、全国から約900名のファンが詰めかけた。

 常に上を目指し、応援してくれるファンにを大切にしたい、という思いから実現した加藤和樹らしい10周年記念ライブとなった今回の企画。2日間で全82曲を歌い上げるという、高く大きなハードルを越えた加藤和樹は、ライブ中のMCでも「今後迎える15年目も20年目も、またその時は全曲ライブをやるか!?」と、ファンを前に、さらなる目標と夢を語った。

 同ライブでも披露された最新曲を収録したニューシングル『夏恋/秋恋』が9月28日に発売。また、秋にはカバーライブを全国6都市7公演、来年の3月には10周年記念LIVEのファイナルとして2Daysで加藤和樹作詞&作曲によるライブを開催する事も決定。さらに、秋には役者として、堤幸彦監督の映画、舞台「真田十勇士」への出演も控えている。

最終更新:7月25日(月)23時40分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。