ここから本文です

【GOLF】井戸木、連日「77」で30位タイ P.ブロードハーストが逆転でメジャー制覇

ISM 7月25日(月)10時46分配信

 米チャンピオンズツアーの今季メジャー第4戦 全英シニアオープンは現地時間24日、英スコットランドのカーナスティーGCで最終ラウンドの競技を終了。井戸木鴻樹は5オーバー77と崩れ、通算3オーバー30位タイで大会を終えた。

 前日に「77」とスコアを落とし18位タイとなっていた井戸木は、最終日も苦戦。前半をノーバーディの2オーバーで終えると、バックナインでは12番から連続バーディをマークしたあとの、15番パー4でダブルボギー。トータル2バーディ、5ボギー、1ダブルボギーの内容でホールアウトとなった。また、崎山武志は2オーバー74で通算13オーバー単独69位となっている。

 トップと4打差の2位タイから出たポール・ブロードハースト(英)が、ノーボギーの4アンダー68でラウンドし、通算11アンダーで優勝。通算9アンダー単独2位には、スコット・マッカロン(米)が入っている。一方、後続に4打差と大きなアドバンテージを得て逃げ切りを目指したミゲール・A・ヒメネス(スペイン)はイーブンパーで迎えたサンデーバックナインで、2つのダブルボギーを叩くなど失速し、3オーバー75で通算8アンダー3位タイでメジャー制覇を逃す結果となった。

 今季3勝のベルンハルト・ランガー(独)は、4ラウンド連続の1アンダー71で、通算4アンダー9位タイ。トム・ワトソン(米)は、1アンダー71で通算1オーバー27位タイとなっている。ジェフ・マガート(米)は7オーバー79と大きくスコアを落とし、通算8オーバー54位タイに沈んでいる。

最終更新:7月25日(月)12時5分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。