ここから本文です

リオ五輪サッカーブラジル代表が日本と親善試合

MEGABRASIL 7月25日(月)10時54分配信

ブラジル代表は強力3トップが注目

いよいよリオデジャネイロオリンピックの開催まで2週間を切った。

ブラジルで開催する始めてのオリンピック。しかし、経済問題をはじめ問題山積みの中、逆風も吹いている。当のブラジル国民の中でも、巨大イベントより優先すべきことがあるとして、開催反対を唱えている人も出てきているようだ。

そして国内でのオリンピック開催への関心自体も、今のところ、おもっていたほど高くはない様子だ(いざ始まってみればどうなるかわからないが)。ブラジル国民の、現在のサッカーブラジル代表に対する関心の度合いも然り。しかし、だからこそ、ブラジルのサッカーには、今まで以上に頑張る必要があるだろう。

今、歴史上もっともな暗黒時代を迎えているといっても過言ではないブラジルサッカーにとって、オリンピックの金メダルの獲得はもっともほしいタイトルの一つだと思われる。

W杯で過去5度優勝しているブラジルだがオリンピックでの金メダルは一度もない。ロンドン・オリンピックでも、ネイマールを擁して臨んだ試合であったが、銀メダルに終わってしまった。今回は母国開催でもあり、何としてもほしいタイトル。早々にネイマールをオーバーエージ枠で選出することを決めている。

さて、そんな今回の代表メンバーだが、ネイマールばかりに話題は集中しそうだが、ブラジル国内組を中心に、なかなかおもしろい選手が揃っている。

まずは、何といっても、Wガブリエウだ。「ガビゴウ」ことサントス所属のガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ。ゴール(ポルトガル語の発音はゴウに近い)を量産するガブリエウなので、ガビゴウと呼ばれている。

代表にはそのガビゴウと、もう一人ガブリエウがいる。そしてこちらのガブリエウ・ジェズスは、ガビゴウ以上に注目されているFWなのだ。ガブリエウ・ジェズスは、ブラジル・サンパウロの名門パウメイラスに所属しているが、ヨーロッパの名門クラブがこぞって獲得を狙っている逸材である。

ネイマールとWガブリエウの3トップは、ぜひ見たいと思う。

そして筆者が注目するもう一人は、フェリペ・アンデルソンだ。

現在、イタリア・ラッティオの10番をつけて活躍しているが、ネイマール、ガンソらとともに黄金期を迎えた2010~2012年のサントスの次世代のスターとして活躍した一人でもある。当時は相当に若く、荒削りな部分も多かったと思うが、2013年にイタリアに渡り、今ではヨーロッパの名門チームを代表する選手になった。ぜひその勇姿を五輪の舞台で見せてほしい。

そんなブラジル五輪代表だが、うれしいことにオリンピックの本番前に、日本代表チームと親善試合を行うのである。ネイマール、Wガブリエウを擁する強力3トップに日本五輪チームがどう立ち向かうのか、本当に楽しみである。

この親善試合は、日本時間の7月31日(日)早朝4:30から行われ、NHK BS1、およびTV東京系で生中継される予定。ブラジルサッカー好きな日本人には特に注目の一戦である。

(コウトク)

最終更新:7月25日(月)10時54分

MEGABRASIL

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]