ここから本文です

高原の上映会『星空の映画祭』に『オデッセイ』『ズートピア』など8本

CINRA.NET 7月25日(月)19時40分配信

野外上映イベント『星空の映画祭2016』が、7月29日から長野・原村の八ヶ岳自然文化園野外ステージで開催される。

【もっと画像を見る(3枚)】

今年で31回目の開催となる『星空の映画祭』。標高1300メートルの高原に位置する会場で、横11メートル、縦5メートルのスクリーンと、5.1chの音響システムを使用して映画を上映する。

上映作品は、ヴィム・ヴェンダースとジュリアーノ・リベイロ・サルガドが共同監督を務めたドキュメンタリー『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』、細田守監督『バケモノの子』、リドリー・スコット監督『オデッセイ』、矢口史靖監督『WOOD JOB(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』、デヴィッド・ボウイ主演の『地球に落ちてきた男』、さらに『ジュラシック・ワールド』『ズートピア』『ロッキーホラーショー』の8本。チケットは現在販売中だ。

CINRA.NET

最終更新:7月25日(月)19時40分

CINRA.NET