ここから本文です

<高校野球>春日部共栄、上尾を圧倒 山崎が満塁本塁打、大道も好投/埼玉大会

埼玉新聞 7月25日(月)6時3分配信

 春日部共栄が一回から猛攻を見せ、圧倒した。又吉の左前打で先制すると、1死満塁から山崎が左越え満塁本塁打を放ち、一回に一挙5点を挙げた。三回には又吉の左前2点適時打で追加点。エース大道が七回途中、被安打4と好投した。上尾は先発渡部が春日部共栄打線に出ばなをくじかれた。阿部、山下の救援陣が粘りの投球を見せたが、バットで援護できなかった。

【写真特集】諦めなかった夏、仲間との思い出…写真で振り返る球児たちのドラマ

■初回満塁HR「体反応した」

 公式戦初となる山崎の満塁本塁打で上尾の出ばなをくじいた。1点を先制した一回、「体が反応した」というインコース高めのスライダーを振り抜き、左翼スタンドにたたき込んだ。

 仲間がつないだチャンスを自分でものにすると意気込み、打席に入ったという。「(打った瞬間)バットにこすった感じで、外野フライかと思った。想像以上に打球が伸びてくれた」。殊勲の一打に「次も自分のバットで流れをつくりたい」と気をよくしていた。

春日部共栄
5020100|8
0000000|0
上尾
(7回コールド)

最終更新:7月25日(月)6時22分

埼玉新聞

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。