ここから本文です

フルデジタルサウンドヘッドホン「ZH700FF」を10月に発売。クラリオン

Stereo Sound ONLINE 7月25日(月)16時55分配信

世界初技術も搭載

 クラリオン(CLARION)は、フルデジタルサウンドヘッドホン「ZH700FF」を10月に発売すると発表した。価格はオープンで、想定市場価格は14万円前後の見込みだ。

 先のポタフェス会場に参考出品していたこともあり、実際に聴かれた方も多かったのではないだろうか。

 本機はデジタル信号を一般的なD/A変換しないままでドライバーへ送りドライブするというもので、すでに車載用のフルデジタルサウンド製品を市販するほか、浴室用音響設備などでも同様の技術を展開、実績を上げている。

 ZH700FFでは、ヘッドホン用として世界で初めてハイレゾ対応のフローティング・フラットドライバーを独自に開発し採用しており、192kHz/24ビットまでのハイレゾ音源を再生することが可能だ。DACやポタアンなどを必要としないため、パソコンやスマホ、DAPなどとダイレクトデジタル接続で聴くことができる。

 ハウジング内のダイヤフラムは、耳に対して適切な角度を持たせることで、音像の前方定位を実現しているという。また、聴き心地に影響を与えるイヤーパッドは上質なフィット感と気密性にこだわったデザインに仕上げているとのこと。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:7月25日(月)16時55分

Stereo Sound ONLINE