ここから本文です

ロペスがクレーコートで初タイトル [グスタード/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月25日(月)7時31分配信

 スイス・グスタードで開催された「スイス・オープン・グスタード」(ATP250/7月18~24日/賞金総額46万3520ユーロ/クレーコート)の決勝で、第1シードのフェリシアーノ・ロペス(スペイン)がロビン・ハッサ(オランダ)を6-4 7-5で下し、キャリア初のクレーコート・タイトルを獲得した。

ロペスはリオデジャネイロ五輪に出場せずツアーを優先

 これは34歳のロペスにとって通算5つ目のタイトルで、グラスコートでの2つとハードコートでの2つに続くものだった。

 ロペスは決勝でリシャール・ガスケ(フランス)に敗れた10年後、ここスイス・アルプスへの7度目の旅で、ついにトロフィーを掲げた。

「信じられないよ。僕はこのタイトルを10年間待ち続けていた」とロペス。「2006年以来の、長い待ち時間だったね。でも待った甲斐はあった。この大会は伝統がある、すごく特別な大会だ。過去に多くのスペイン選手たちがここで優勝してきた、とてもユニークな場所なんだ」。

 ロペスは世界21位の選手としてこの大会に乗り込んだが、月曜日に更新される最新ランキングでは20位になる予定だ。

 世界95位のハッサは第1セットで1度、第2セットで2度、ロペスにサービスをブレークされたが、ロペスも第2セットでは多少の苦労の末、80分弱で勝利をつかんだ。

「第1セットはよかったと思う。アグレッシブにプレーしていたし、サービスもよかった」とロペス。「第2セットでは2つの愚かなミスをしてブレークされてしまったが、でもブレークバックできた。全体的に見て、いいプレーができたと思う」。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: MADRID, SPAIN - MAY 04: Feliciano Lopez of Spain in action against Roberto Bautista Agut of Spain during day five of the Mutua Madrid Open tennis tournament at the Caja Magica on May 04, 2016 in Madrid, Spain. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7月25日(月)7時31分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]