ここから本文です

岡村一成が準優勝の活躍、「危機感を持って必死に努力したい」/中国フューチャーズ

TENNIS.JP 7月25日(月)22時17分配信

中国のフューチャーズで岡村一成が準優勝。大学時代に筑波フューチャーズで準優勝を経験しているが、今回が2回目の準優勝を果たした。プロ転向から2年目。

錦織圭、「人生でテニスが中心」米国留学のジュニア時代

今回の準優勝で世界ランクも上昇し、グランドスラム大会まで少し近づきました。

石井弘樹コーチは「毎日テニスに向き合い必死に頑張って来た成果の現れだったので、とても前向きな準優勝です。」とコメントしている。

遠征では1週目がベスト4、2週目もベスト4と勝ち上がり、最後に準優勝と活躍を果たした。

岡村一成は「残念ではありますが、決勝だからといって硬くなることも、気負いすぎることもなく、自分のプレーはしっかりとできました。得意のフォアで展開し、積極的にネットダッシュを覚悟を決めてしていけたのは、収穫だと思います。」と話している。



昨年4月にプロ転向して初めて遠征に来た中国の安寧において、得意とはしていないクレーコートでも結果を出せるようになってきた岡村。

最終更新:7月25日(月)22時17分

TENNIS.JP