ここから本文です

リオ選手村は「安全でない」 豪選手団がボイコット表明

AFPBB News 7/25(月) 8:48配信

(c)AFPBB News

【7月25日 AFP】開幕まで2週間を切ったリオデジャネイロ五輪のオーストラリア選手団は24日、同日にオープンした選手村について、「安全でない」として利用をボイコットする意向を発表した。

 リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)西部バハダチジュカ(Barra da Tijuca)地区に完成した選手村には、1万8000人以上の選手やコーチらが滞在する予定だった。

 だが豪選手団のキティ・チラー(Kitty Chiller)団長は、選手村には現在も電気系統や下水管などの問題が多数残っているとして、自国選手らを当面、近くのホテルに滞在させる意向を表明した。

 チラー団長は声明で「トイレの詰まりや、配管の水漏れ、むき出しの電気配線、照明がなく暗い階段、大掛かりな清掃が必要なほど汚れた床などの問題があった」と指摘。23日には一部施設で水道や下水管のテストが実施されたが失敗に終わり、「水が壁から流れ落ち、一部施設では強いガス臭がした他、電気配線のショートも起きた」という。

 英国やニュージーランドの選手団も同じ問題に見舞われているという。チラー団長は、配管や防火対策などのテスト結果を待ち施設の状況を再検討するが、「改善すべき点は多数残っている」と述べている。24日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:7/25(月) 8:48

AFPBB News