ここから本文です

nowisee「会いたい」特別映像をリリース!線香花火を1万本の線香花火をたった2分で燃やし尽くし歌詞を描く

E-TALENTBANK 7月25日(月)13時5分配信

毎月8日に24ヶ月連続リリース中のnowisee(ノイズ)が、1stアルバム『掌の戦争』(8月10日発売)のリード曲「会いたい」の特別映像を公開した。
 
既に公開されている「会いたい」の公式MVにも、「泣ける」「感動する」など多くの反響があったが、今回は、曲にインスピレーションを受けた外部のクリエイティブチームが映像を制作。

この映像は、世界一美しいと言われる純国産線香花火を1万本使って、「会いたい」の歌詞をつくるというもの。多くの時間を費やし緻密に計算して設置した1万本の線香花火をたった2分で燃やし尽くし、次々に歌詞を浮かび上がらせた。

制作の準備期間は1週間、スタッフは20人以上。制作は「SIX」が担当した。花火の設置や点火は、1本1本すべて手作業で行なわれた。一瞬で燃え尽きてしまう火花で文字を構築するのは至難の業。細かい位置調整、着火タイミングの計算を何度も繰り返し、最後はカメラマンが降りしきる火花の中に突入し、誰も見たことのない、新しい花火の撮影が実現した。

映像の美しさと儚さを支えたのは、102年の歴史をもつ花火製造の山縣商店。5代目会長の山縣常浩氏が、1999年に一度絶滅してしまった純国産線香花火を、3年の試行錯誤を経て13年ぶりに復活させた美しさとなった。

最終更新:7月25日(月)13時5分

E-TALENTBANK