ここから本文です

リヴァプールのトップ4入りはあり得るか リヴァプールOB「UCLに戻ると思う」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月25日(月)7時10分配信

チェルシーらライバルを上回れるか

昨季王者のレスター・シティ、リーグタイトル奪還を狙うマンチェスターの両クラブやチェルシーなど、今季のプレミアリーグは大いに荒れることが予想されている。優勝はもちろんトップ4入りのクラブを予想することさえ難しい状況で、8~9チームほどは優勝を狙える実力を持っているだろう。

ユルゲン・クロップ率いるリヴァプールも候補の1つだが、今のリヴァプールにトップ4に割って入る実力があるのだろうか。今夏の市場でも積極的な動きは見せているものの、マンチェスターの両クラブやチェルシーに比べるとややインパクトに欠ける。戦力的にはトップ4入りは難しいかもしれない。

しかし英『Daily Mirror』によると、かつてリヴァプールに所属していたロニー・ウィーラン氏はリヴァプールがトップ4に入ると自信を持っている。同氏はクロップが昨季すでにチームを変えたと感じており、今季はチャンピオンズリーグ出場権を確保するはずと語った。

「ユルゲン・クロップはすでにリヴァプールを変えていることを昨季の短期間で示した。私は昨季の進歩にとても満足しているんだ。これが今季も続くと自信を持っているし、今のチームは強い。私はリヴァプールが今季トップ4に入り、チャンピオンズリーグに戻ると思うね」

リヴァプールもクロップを信頼しており、すでに2022年まで契約を延長している。昨季はトップ4からかけ離れた8位でのフィニッシュとなったが、今季のリヴァプールはトップ4に入るだけの実力があるチームなのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月25日(月)7時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。