ここから本文です

【準決勝速報】決勝は市立船橋vs木更津総合! 高校野球千葉大会

千葉日報オンライン 7月25日(月)16時7分配信

 第98回全国高校野球選手権千葉大会第12日は25日、QVCマリンフィールドで準決勝2試合が行われ、市立船橋と木更津総合が決勝(同球場、26日午前10時試合開始)に勝ち上がった。

 市立船橋は同点に追いつかれた直後の六回裏、橋本の走者一掃適時三塁打などで4点を加え、習志野を突き放した。習志野・小林徹監督と市立船橋・櫻内剛監督の“師弟対決”は、教え子の櫻内監督に軍配が上がった。市立船橋の決勝進出は9年ぶり。

 センバツ8強の木更津総合は、今大会快投を続けるエース早川が五回裏に突如崩れ5失点したが、七回の猛攻で追いつくと、九回に4番鳥海の犠牲フライで勝ち越すなど勝負強さを発揮してAシード千葉経大附を退けた。木更津総合の決勝進出は3年ぶり。

<試合結果>
習志野 1-5 市船橋
準決勝 1試合目 QVCマリンフィールド

木更津総合 6-5 千葉経大付
準決勝 2試合目 QVCマリンフィールド

最終更新:7月25日(月)16時7分

千葉日報オンライン