ここから本文です

AKIRA、岩田剛典ら出演「HiGH&LOW」興行収入9日間で10億円突破

MusicVoice 7月25日(月)17時29分配信

 AKIRA、青柳翔、岩田剛典、鈴木伸之、TAKAHIRO、登坂広臣らが出演する映画『HiGH&LOW THE MOVIE』が初日公開から9日で興行収入10億円を突破したことがわかった。

【写真】初日舞台挨拶の模様

 映画は、EXILEや三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEらが所属するLDHと日本テレビがタッグを組み、ドラマやライブツアーなどが連動するプロジェクトの映画版。さまざまなグループが戦いを繰り広げるSWORD地区を舞台に、男たちのプライドを懸けた壮絶な戦いや生きざまを、迫力あるバトルを通じて描く。

 今月16日に公開され、24日までに累計入場者数76万9054人を動員。累計興行収入は10億1849万4500円を記録した。

 公開前からすでに、数多のメディアとの展開で話題であった本作、公開をむかえ口コミが広がっていくことで、公開2週目にしてもその勢いは日に日に加速しているという。

 ぴあ映画初日満足度ランキング(7月16日付)で1位を獲得し、出口調査では「アクションの迫力がすごい」「ダンスパフォーマンスとはまた違う動きの数々に圧倒された」などの感想が寄せられているという。

 10代、20代の動員数と満足度が高く、EXILE TRIBEファンのみならず男性同士やカップル、家族連れなど客層は多方面に広がりをみせており、夏休み期間との相乗効果による平日及びレディースデイの動員はさらに大きなものになると期待されている。

最終更新:7月25日(月)17時29分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。