ここから本文です

<高校野球>聖望学園、市川越に9-5 1点差5回に渡部2点適時打/埼玉大会

埼玉新聞 7月25日(月)6時4分配信

 要所で点を重ねた聖望学園が市川越との競り合いを制した。2点を追う聖望学園は二回に渡部の中犠飛で1点を返すと、三回には平柳の右翼線への2点二塁打、丸井、西野の連続適時打で計4点を奪い逆転に成功。5―4と迫られた五回にも渡部の2点左前打などで3点を挙げ突き放した。打線が活発だった市川越は、11安打を放ち5点を入れたが、3投手が踏ん張り切れなかった。

【写真特集】諦めなかった夏、仲間との思い出…写真で振り返る球児たちのドラマ

■冬の鍛錬成果、バットで証明

 1点差に迫られた五回裏、1死満塁で、7番渡部が左前へ2点適時打を放った。「粘って思い切り振ろうと思った」と振り返る。

 冬に重いバットを振る練習など重ねた。秋と比較し、スイングの技術が向上して結果につながった。岡本監督も「渡部は試合の流れを変える打撃力がある」と信頼を寄せる。二回に犠飛も放った渡部は「好機が回ってきたら、打つのが仕事。一戦一戦大切に戦いたい」と先を見据えた。

市川越
020020100|5
01403001X|9
聖望学園

最終更新:7月25日(月)6時23分

埼玉新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)