ここから本文です

イ病認定審査会 認定ゼロ、新たに2人要観察相当に/富山

チューリップテレビ 7月25日(月)9時35分配信

 イタイイタイ病と認定すべきかどうかを判断する県の審査会が24日開かれ、今年は認定なしで、新たに2人を要観察相当と判定しました。
 
 24日は、医療関係者などからなる14人の委員が、富山市の女性2人について非公開で審査しました。
 その結果、今年5月に申請した富山市の90歳の女性を要観察相当とし判定を保留しました。
 今後骨の一部を取り出して検査する骨生検(こつせいけん)を実施し、最終判断する見通しです。
 また、住民健康調査の結果から富山市の83歳の女性を新たに『要観察相当』と判定。
 これまで『要観察相当』だった富山市の96歳の女性については判定を据え置きました。

チューリップテレビ

最終更新:7月25日(月)9時35分

チューリップテレビ