ここから本文です

<高校野球>大宮東、浦和実下す 長沢6回1失点、黒田は3点適時打/埼玉大会

埼玉新聞 7月25日(月)6時4分配信

 大宮東は0―0の六回2死から森本の右前打、大平、緒方の四死球で満塁の好機をつくり、5番黒田が右翼線へ走者一掃の適時二塁打を放って3点を先行した。七回にも2死二塁から河野が中前適時打。投げては先発長沢が6回1失点、2番手菅原が3回無失点で逃げ切った。浦和実は失点直後の六回に倉山の適時打で1点を返したが、三本木から豆田への継投が遅れて流れを失った。

【写真特集】諦めなかった夏、仲間との思い出…写真で振り返る球児たちのドラマ

■長沢が好投、次戦へ闘志

 右腕長沢が6回1失点と十分に試合をつくった。2試合ぶりの先発マウンドに上がった背番号10は「心の準備がしっかりできていた。打たせて取る意識を強く持った」と納得の表情を見せる。

 右横から切れのある直球を四隅に投げ分けて凡打の山を築いた。ただ、六回には味方が3点を先制した直後に失点を喫し、「あれはいただけない」と反省する。次戦に向け「目の前の相手に集中して、万全の準備をして臨みたい」と力強く拳を握った。

大宮東
000003100|4
000001000|1
浦和実

最終更新:7月25日(月)6時19分

埼玉新聞

スポーツナビ 野球情報