ここから本文です

[移籍]今季の出場はJ3のみ C大阪24歳DFが熊本へ「トップで活躍することを目指してきたが……」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/25(月) 8:00配信

J2で出場なるか

セレッソ大阪は24日、DF小谷祐喜がロアッソ熊本に期限付き移籍することを発表した。

現在24歳の小谷は中学時代にC大阪の下部組織でプレイ。その後は関西大学第一高等学校、関西大学で活躍し、2014年からC大阪のトップチームに加入する。1年目は出場機会がなかった同選手だが、昨季はJ3リーグのSC相模原に期限付き移籍で加入して22試合に出場。C大阪に復帰した今季もJ3を戦うU-23チームで現在まで17試合に出場している。

半年間の期限付きでC大阪を去ることが決まった小谷はクラブ公式サイトを通じて「この半年間、トップチームで活躍することを目指してプレイしてきたのですが、それを叶えることができず、悔しいです」とコメント。「しかし、それ以上に、自分のサッカー人生において、すごく貴重な経験をさせていただき、多くのことを学ばせてもらったと思っています。自分を成長させてくれた、監督、コーチ、チームメート、スタッフには心から感謝しています。熊本で精一杯チャレンジしてきます」と語った。

また加入が決まった熊本の公式サイトを通じても「このようなチャンスをくださったロアッソ熊本には、本当に感謝しています。少しでも熊本の力になれますよう、日々、全力で挑戦していきたいと思います」とコメントしている。J3リーグ以外での出場は未だにない小谷だが、熊本ではチャンスを掴むことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/25(月) 8:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています