ここから本文です

インテルとマンチーニの冒険は今季までか インテル側に契約延長の意思はなし

theWORLD(ザ・ワールド) 7月25日(月)8時20分配信

すでに伊紙は後任候補探し

今夏もイングランド代表監督、ロシア代表監督就任などインテルを離れると噂されていた指揮官ロベルト・マンチーニは、いずれにしてもインテルで長く指揮を執ることはないのかもしれない。

伊『TuttoSport』によると、インテルはマンチーニとの契約を延長しない考えだという。マンチーニとクラブの契約は2016-17シーズン限りとなっており、延長しない場合は今季で終了ということになる。マンチーニは今夏の補強を巡ってクラブ側と意見が噛み合っていないとも言われていたが、そうしたことも影響しているのかもしれない。

すでに同メディアは後任候補を数名挙げており、かつてインテルを指揮したレオナルド、元イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリ、さらには先日ラツィオの指揮官に就任した2日後に辞任したマルセロ・ビエルサも候補に挙がっている。

レオナルドといえばインテルで日本代表DF長友佑都を指導したこともある人物で、長友にとってはやりやすい指揮官となるかもしれない。同メディアもレオナルドを筆頭候補に挙げており、マンチーニが今季限りでクラブを去る場合は指揮官として戻ってくる可能性もあるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月25日(月)8時20分

theWORLD(ザ・ワールド)