ここから本文です

【MLB】数え続けて13年目、環境変化も色あせない熱意 イチメーター製作者の思い

Full-Count 7/25(月) 10:11配信

イチメーター制作から13年目迎えた「世界一のイチローファン」エイミーさん

 マーリンズのイチロー外野手は24日(日本時間25日)、本拠地メッツ戦に代打で出場し、空振り三振に終わった。22日(同23日)から本拠地に戻ったが、メッツとの3連戦は全てベンチスタートで、メジャー通算2996安打のまま。「世界一のイチローファン」として知られるエイミー・フランツさんはこの日もスタンドから声援を送り、偉業達成まで背番号51のプレーを見守ることを固く誓った。

MLBの歴史に名を残すイチロー…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50

 1点を追う7回1死走者なしの場面、イチローは中継ぎ右腕フェルプスの代打で登場。本拠地は大歓声に包まれ、もはや恒例となった「イチローコール」も起こる。熱狂的な雰囲気の中、イチローは右腕ロブレスに1ボール2ストライクと追い込まれると、最後は外角低めへの直球に空振り三振。守備にはつかず1打数無安打に終わり、3試合連続で快音は響かなかった。

 スタンドでは、マーリンズベンチの真上からエイミーさんが「イチメーター」を手に声援を送っていた。

 偉業を見届けようと、後半戦開始の敵地カージナルス戦から“応援の旅“をスタート。多額の資金を要するため、「クラウドファンディング」を利用して資金援助を求めたところ、日本のイチローファンを中心とした多くの人から多額の寄付が集まり、フィラデルフィア、マイアミと続いてきた連戦を追いかけている。

最初のイチメーターはクーパーズタウンに

 今や日本でも有名人となったエイミーさんは、「(日本のファンの想いは)とてもクール」と感激の面持ちで話す。さらに、多額の寄付が集まったことにも「とても嬉しい。すごくありがたい。(イチローを追いかけるのは)とてもお金がかかるし、私のクレジットカードが大変なことになってしまうので」と感謝した。

 イチローがメジャー新記録となるシーズン262安打を放った2004年から、特製の「イチメーター」を使っての応援を始めたエイミーさん。今や本人との交流も深まっており、イチローがエイミーさんにプレゼントを送ることもあるなど、2人の心温まるエピソードは広く知られている。

「最初の『イチメーター』はクーパーズタウンの野球殿堂に飾ってあるけど、その後もいくつか新しい『イチメーター』を作ったの。そして、彼は毎年、シーズン200本以上のヒットを打ってくれた」

「イチメーター」でのカウントを始めてから、今年で13年目。ヤンキース、マーリンズとチームが変わっても、日米通算4000安打など節目のタイミングでは、現地でヒット数をカウントするエイミーさんの姿があった。リーグが違うマーリンズに移籍してからは、息子が住むサンフランシスコにも駆けつけている。

1/2ページ

最終更新:7/25(月) 10:36

Full-Count