ここから本文です

日比野菜緒 予選ストレート勝ちで、本戦出場決める<女子テニス>

tennis365.net 7月25日(月)15時48分配信

ロジャーズ・カップ

女子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、WTAプレミア5)は24日、シングルス予選2回戦が行われ、予選第9シードの日比野菜緒(日本)が予選第23シードのJ・グラスコ(イスラエル)を6-3, 6-3のストレートで下し、本戦出場を決めた。

日比野、リオ五輪「夢見てた」

日比野は、予選1回戦で穂積絵莉(日本)との日本人対決をストレートで制しての勝ち上がりだった。

本戦1回戦では、M・ルチッチ=バーロニ(クロアチア)と対戦する。日比野が勝ち進んだ場合、2回戦では第2シードのA・ケルバー(ドイツ)と顔を合わせる組合せ。

また、予選には大坂なおみ(日本)も出場したが、1回戦でA・クドリャフツェワ(ロシア)に6-3, 6-7 (6-8), 4-6の逆転で敗れ、本戦入りとはならなかった。

その他の日本勢では土居美咲(日本)が本戦へストレートインしており、1回戦でD・カサキナ(ロシア)と対戦する。

今大会の上位シード勢は第1シードにS・ウィリアムズ(アメリカ)、第2シードにA・ケルバー、第3シードにG・ムグルサ(スペイン)、第4シードにA・ラドワンスカ(ポーランド)、第5シードにS・ハレプ(ルーマニア)、第6シードにV・ウィリアムズ(アメリカ)、第7シードにR・ビンチ(イタリア)、第8シードにC・スアレス・ナバロ(スペイン)で、上位8シードは1回戦免除のため2回戦からの登場。

tennis365.net

最終更新:7月25日(月)15時48分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]