ここから本文です

ベッキー、「27時間テレビ」に電話生出演......明るくトーク繰り広げ「バラエティーって楽しいね」

トレンドニュース(GYAO) 7月25日(月)20時17分配信

タレントのベッキーが、フジテレビ系「FNS27時間テレビ フェスティバル!」に5分間ほど電話生出演した。久々の明るいやりとりで、「バラエティーって楽しいね」としみじみ語った。

7月23日深夜に放送された「FNS27時間テレビ フェスティバル!」内の企画「さんま・中居の今夜も眠れない」では、明石家さんまがおなじみの「ラブメイト10」で、「いろいろ苦労してきた女じゃないと俺を受け止められへん」とベッキーを10位にランクインさせた。その後番組ではベッキーに電話がつながった。

さんまはベッキーを「今フリーだよな?」「いろいろ懲りたよな?」と明るく口説いてみせて、「もちろん今フリーです」「懲りた」という言葉を引き出す。「俺となら幸せになれると思う」と迫ったが、ベッキーには「お断りします」と返されてしまった。

さんまと「今日の気温がそうさせるのかな。梅雨時やからな」「季節は関係ないかも! ごめんなさい!」としばらくコント的なやりとりを繰り広げたのち、ベッキーは、「さんまさん、バラエティーって楽しいね。ありがとうございます。いつか共演できるようにがんばります」とうれしげに話した。「(本格復帰は)がんばりたいです」と明るく語っている。またSMAP中居正広に近況を聞かれた際は、「元気です」と答えた。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:7月25日(月)20時17分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。