ここから本文です

[移籍]京都の若きストライカーがJ3へ「相模原で活躍することが恩返し」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月25日(月)9時30分配信

昨季はJ3リーグで得点を記録

京都サンガは24日、FW石田雅俊がJ3リーグを戦うSC相模原に期限付き移籍することを発表した。

現在21歳の石田は2014年に市立船橋高校から京都に加入してプロのキャリアをスタート。同クラブでは現在まで2年半で21試合に出場して2得点を記録している。半年間の期限付き移籍でクラブを離れることを決断した同選手はクラブ公式サイトを通じて「優勝を目指している中でチームを離れることになり、申し訳なく思っています」とコメント。「2年半の間でしたが、温かいご声援をいただきありがとうございました。相模原で活躍することが恩返しだと思っていますし、成長してまた京都に帰ってきたいと思います」と語った。

また同選手は、加入することが決まった相模原のサポーターにも「J2昇格という目標に向かって、少しでも貢献できるような働きをしたいと思います。ご声援よろしくお願いします」と挨拶している。J3リーグを戦う相模原は現在17試合を消化して9位につけており、次節は福島ユナイテッドと対戦。昨季はJリーグ・アンダー22選抜の一員としてJ3リーグでも得点を記録している石田の活躍に期待がかかる。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月25日(月)9時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報