ここから本文です

首位独走の広島は「戦い方がうまい」 本当の強さはどこにある?

Full-Count 7月25日(月)11時37分配信

リーグ優勝へ2位と10ゲーム差、広島は「このまま最後まで行く」?

 25年ぶりのリーグ優勝へ向けて、広島が首位を快走している。22日から24日の阪神3連戦は黒田博樹投手の日米通算200勝などもあり、またも勝ち越し。貯金は21となった。2位巨人とは10ゲーム差をつけており、後半戦がスタートしてからも勢いが衰える気配はない。劇的な展開や、相手を圧倒する試合も多く、驚異的な強さを見せている。

広島、2位に10ゲーム差でセ・リーグ独走中…2016年NPB順位表

 専門家の目から見て、広島の本当の強さとはどこにあるのか。そして、このままリーグ制覇まで駆け抜けることは出来るのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手として活躍した野口寿浩氏は、抜け目のない試合運びにこそ、強さの理由があると指摘する。

「カープが強いのは、よく打つ、ピッチャーが抑える、というのもありますけど、試合を見ていて『戦い方がうまい』と思いますね。ランナーが出ると、足を使える選手が多い。1番の田中、2番の菊池、3番の丸なんて、誰が盗塁王になってもおかしくない。ルナ、松山、新井はそういうタイプではないですが、鈴木や安部も走れる。特に鈴木は、塁に出たら『行くぞ、行くぞ』とずっとやってます。行きそうな構えをしてタイミングをとっているし、たまにフェイクを入れる。

 あれをやられたら、まず相手ピッチャーはバッターに集中しきません。しかも、本当に動いてくるチームですからね。バッテリーのサインもストレート系が多くなる。それを打者が打つ。だから強い。ランナーがセカンドに行っても常に全員が狙っている。それをやられて一番脆いチームが、今の阪神です。阪神戦でそうやって戦っているのを他球団のスコアラーも見ているから、これはカープは落ちないぞと思っているでしょうね。スキがないところを見せられていますから」

 打線でキーマンになっているのは、ブレーク中の鈴木誠也だろう。6月のオリックス3連戦では3試合連続決勝弾の離れ業を演じ、緒方監督からも「神ってる」と絶賛された。野口氏もその打力を評価しつつ、広島の育成システムに「さすが」と舌を巻く。そして、鈴木の存在があるから、打線が活発化し、ベテランの新井も好調を維持できていると見る。

1/3ページ

最終更新:7月25日(月)13時43分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報