ここから本文です

三井金属中国子会社、電子スクラップ処理5000トンへ

日刊産業新聞 7月25日(月)12時14分配信

 三井金属中国子会社の上海三井●云貴稀金属循環利用(上海市金山区)は電子スクラップ処理量の増加を目指す。日系企業のみでなく、欧米系や現地系企業の開拓を進め、年間処理能力5000トンのフル操業に近付けたい考え。今後、プラチナやパラジウムなど白金族元素の回収に向けた設備投資なども検討する。

●は金かんむりに金金

最終更新:7月25日(月)12時14分

日刊産業新聞