ここから本文です

三井金属中国子会社、電子スクラップ処理5000トンへ

日刊産業新聞 7/25(月) 12:14配信

 三井金属中国子会社の上海三井●云貴稀金属循環利用(上海市金山区)は電子スクラップ処理量の増加を目指す。日系企業のみでなく、欧米系や現地系企業の開拓を進め、年間処理能力5000トンのフル操業に近付けたい考え。今後、プラチナやパラジウムなど白金族元素の回収に向けた設備投資なども検討する。

●は金かんむりに金金

最終更新:7/25(月) 12:14

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。