ここから本文です

【MLB】ヤンキース剛腕守護神チャップマン、トレード報道が過熱 カブスが有力か

Full-Count 7月25日(月)12時31分配信

同僚は残留望むも…ヤンキース「勝利の方程式」の行方は?

 ヤンキースに所属するキューバ出身の剛球左腕アロルディス・ チャップマンがカブスへトレードとなる可能性が高まってきた。24日(日本時間25日)、MLB公式サイトが同日の試合後に遠征へと発った同選手について「これがヤンキースのクラブハウスから出発する最後の機会になるかもしれない」とレポートしている。

日本人メジャー歴代セーブ数ランキング

 トレード期限が迫る中、ヤンキースの守護神はナ・リーグ中地区首位を走るカブスへのトレード話が過熱している。記事では、米メディアで相次いでトレードの可能性が報じられている様子をレポート。「カブスはトッププロスペクトのグレイバー・トーレス遊撃手を含んだ条件でチャップマンの獲得に乗り出している」、「カブスとチャップマンとの間で4年6000万ドル(約63億6000万円)規模の契約延長に関する交渉が持たれている」などの情報が伝えられているという。

 カブス以外にもジャイアンツ、インディアンス、ナショナルズなどの名前が浮上。一方、チームメイトのテシェイラは記事の中で「彼が去ってしまうのは見たくない。試合に勝つ上で、彼は重要な要素の一部なんだ。我々は彼にここにいて欲しい」とコメントしており、本人も「タフだよ。ここは居心地がいいし、家族のように思えている。シーズン途中での移籍は、ここで過ごすよりも心地よいものではないだろうね」と残留への思いを吐露している。

 今季加入した剛腕はここまで31試合に登板し、3勝0敗、20セーブで防御率2.01。ヤンキースの「勝利の方程式」の一角として、170キロ近い剛速球で周囲の度肝を抜いてきた。その守護神はシーズン終了を待たずに新天地へと飛び立つことになるのか。動向が注目される。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月25日(月)12時31分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。