ここから本文です

アーセナルの昨季2位は実力だけじゃなくて奇跡も メルテザッカー「2位に入ったのはミラクル」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月25日(月)11時20分配信

手放しでは喜べないか

近年のアーセナルはトップ4に滑り込むのがやっとと言われていたが、昨季は終盤に好調だったトッテナムを抜いて2位でフィニッシュを果たした。2012-13シーズンは4位、2013-14シーズンも4位、2014-15シーズンは1つ順位を上げて3位、そして昨季はもう1つ上げて2位。今季はもう1つ上げて優勝をと淡い期待を抱くサポーターもいるだろう。

しかし、アーセナルDFペア・メルテザッカーは昨季の2位フィニッシュを手放しでは喜んでいない。終盤の追い上げは見事だったが、メルテザッカーは2位でフィニッシュできたのはミラクルだと考えているようだ。メルテザッカーのコメントを英『The Sun』が伝えた。

「昨季僕たちが2位でフィニッシュしたのは明らかにラッキーだった。僕たちは最終的に状況を好転させたけど、2位に入ったのはミラクルだ。何より失望したのは、レスターが多くのビッグクラブが苦しんでいる状況を活かしたのに、僕たちが同じようにできなかったことだよ」

確かに昨季はチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドが予想以上に苦しんだことでリーグ全体が荒れた。アーセナルは2位フィニッシュだったが、チェルシーが本来の調子なら順位はもう少し下がっていたかもしれない。

メルテザッカーはもっとチーム全体が成長する必要があると感じており、昨季の2位を実力だけで勝ち取ったと楽観視していない。結果だけを見ればもう1つ順位を上げれば優勝と言えるが、今季はトップ4に入るのも一筋縄ではいかないはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月25日(月)11時20分

theWORLD(ザ・ワールド)