ここから本文です

ベッキー、27時間テレビ電話出演にコメント。「ほんとうに突然」「びっくりです」

E-TALENTBANK 7月25日(月)21時10分配信

23日から24日放送のフジテレビ系「FNS27時間テレビフェスティバル!」で電話出演をしたベッキーが、24日に更新した自身のブログで出演についての感想をコメントした。

23日深夜に放送した番組の名物コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」。この中で明石家さんまがこの1年で気になった女性をランキング形式で発表する人気コーナー「ラブメイト10」を実施した。さんまはこのランキングの10位にベッキーを選出し、ベッキーに対し番組に電話をかけてほしいと呼びかけた。その後、番組を観ていたというベッキーから連絡があり、ベッキーは声だけの出演ながら2カ月ぶりに地上波への登場を果たした。

さんまから「ベッキー、フリーだよな、今?」と聞かれたベッキーは「フリーです。もちろん」と答え、さらに「いろいろ懲りたよな?」と聞かれ「懲りた」と答えるとスタジオからは笑い声が上がり、盛り上がっていく。中居から「最近どうしてるの? 元気にしてるの?」と聞かれると、ベッキーは「元気です。ありがとうございます」と答えた。

さんまから「ベッキー元気そうでよかった」と声をかけられたベッキーは「さんまさん、バラエティーって楽しいね!」と答え、元気な声をテレビの画面を通して伝えた。またベッキーは「いつか共演できるように頑張ります」と前向きなコメントも残し、中居から「早く復帰しないとね」と激励を受けていた。

ベッキーは24日13時過ぎに「27」というタイトルでブログを更新した。「私もたまたまテレビを観ていまして、『ベッキー連絡ちょうだい』と呼びかけていただいたので、出演することに。」と出演の経緯を説明し、「こんなことってあるんですね。ほんとうに突然でした。びっくりです」と出演したことへの驚きの気持ちを感想としてブログに書き残していた。

最終更新:7月25日(月)21時10分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。