ここから本文です

[移籍]キャリア12年目で13個目のクラブへ! アタランタ、ローマからボスニア代表DFをレンタルで獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 7月25日(月)11時50分配信

1クラブの最長在籍期間は2年

アタランタは21日、ローマからボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFエルビン・ズカノビッチをレンタルで獲得したことを発表した。契約期間は2017年6月末までの1年で、アタランタはシーズン終了後に買取オプションを行使できるとのことだ。

現在29歳のズカノビッチは母国クラブでプロデビューを果たすと、オーストリアやドイツ、ベルギーを渡り歩き、2014年にセリエAのキエーボへ加入した。その後、サンプドリアを経て、今年1月にローマへ買取オプション付きのレンタル移籍。1ヶ月後には同クラブがオプションを行使し、完全移籍をしていた。しかし、新シーズンはローマが同ポジションのフアン・ジェズスをインテルから獲得した影響もあり、今回の移籍が実現したようだ。

自身のInstagramに「僕のキャリアはアタランタへ移籍することで新たな1ページが開かれる」と綴っていたズカノビッチだが、キャリア12年目で13個目のクラブへ移籍が決まった。そろそろ本人も身を落ち着かせたいと思っているかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月25日(月)11時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合